■プロフィール

mimizuno

Author:mimizuno

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
mp4から音声のみを抽出してm4a形式にする その2の2
とりあえず、気が向いたのでコメントに反応。コメントには初日から気づいてたけど。

演奏時間が正確とかそういうことは気にしてなかったんであれで全てが正常に出るかどうかは知らない。記憶にある限り変だったことはない。とりあえずこれはflvには使えない。まあたぶんそもそもファイルがおかしいんだと思う。

あの内容をそのままTranscoding.iniとして新規作成すれば使えるはず。
追記するときはInfoの3行消したり、Itemの数字増やすべきだと思う。

自分のmp4boxのバージョンはmp4box -versionで表示させたところ
MP4Box - GPAC version 0.4.5-DEV (build 12)
ffmpegは携帯動画変換君のデフォルト(のはず)
QTは入れてない。QuickTime Alternativeはもしかしたらいれてるかも。

携帯動画変換君は基本的にデフォルトのffmpegしか対応してないっぽいからエラーが出ない(ようにみえる)のはそのせいかも。
エラーの出し方が独自ffmpegだと異なっててそのせいで変換君はエラーだと認識しないまま終了してるのかもしれない。確認はしてない。
と、ここまで書いてよく見たらffmpeg使ってないから関係ないや。

iniの書き方はdefault_settingにあるiniを参考にしたけど、基本的にてきとう。
ちなみにrmじゃなくdelでやってるのは複数ファイルの削除が出来なかったからだったと思う。
学習サイトとして使えそうなのはあえて言えばコマンドプロンプト系の解説かな。
コマンドプロンプト使えない人にとっては簡単じゃないかも。
ただ、mp4boxとかmencoderとかはコマンドラインオプションがわかりにくいからかなり面倒。

書き方としては
[Item00]の00は追加するたびに順番に増やしていく
その下にTitle=選択するときに出る言葉
Command00=にコマンドラインの文字をかいてく。00も順番に増やす。
そんとき、=のあとを""で囲むみたい。
削除コマンドは内蔵であるみたいで「rm ファイル名」とすれば消える
「rm ファイル名1 ファイル名2」ってやっても2個は消えなかった(と思う)
んでコマンドラインの文字書くときに特定の文字列は置換される
<%OutputFile%>は出力先ディレクトリ+入力ファイル名の拡張子無いやつ
<%InputFile%>は入力ファイル名
<%AppPath%>は3GP_Converter.exeのあるディレクトリ
<%TemporaryFile%>はランダムでかぶりのないファイル名(一回の変換中は維持される)、拡張子は無し
ルールはこれくらいであとは組み合わせるだけ。

実際に作るときはコマンドプロンプトで試してみて、上手くいったらそれをiniに書き写してる。

ちなみにあれはもうつかってない。

スポンサーサイト
未分類 | 19:21:57 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。